京都三条 カフェ・オパール Cafe Opal:Home

Home > 元店主の日記 >

サブメニュー

検索


月別の過去記事


2013年03月04日(Mon)

沖永良部島 2 旅行

三日目
沖永良部島は花と鍾乳洞の島、と言はれてゐます。珊瑚礁が隆起してできた島の地下には、まだ未踏のものも含めて300ぐらゐの洞窟があるとされてゐるさうです。
んで、そんな洞窟の中に入るのを「ケイビング」といふらしいのですが、沖永良部島はこのケイビングの聖地らしいのです!ガーン!なんだかよく分かりませんが、我々も沖永良部島ケイビングに参加してきました。

何故に沖永良部島はケイビングの聖地なのか。それはあまり観光地化されてをらず、荒らされてゐないこと、鍾乳石が豊富なこと、それと、水が流れてゐる事ださうです。本土の(ケイビングできる)洞窟は、大抵水などない中をただ歩くのが多いさうなのですが、確かに、ここの洞窟はゴウゴウと水が流れてゐます!
その中を、半身水に浸かりながら進んだりする訳ですが、滝の様に流れ落ちる水をくぐり抜けたりする事もあって、全身ずぶぬれになります。
なんか凄〜く狭い隙間を、這ってくぐり抜ける・・・といふ事が何回かあったのですが、そこにも水が流れてゐるのを見た時は、思はず笑ってしまひました。いやー、そこまでやるんだね。凄いわ。
もちろん、洞窟の中は素晴らしかったです。圧倒的な感覚。非日常の気配。化石や土器、方解石の結晶からできたケイブパールなんかがあり、パワースポットとして有名な奇蹟の石柱なんかもあり、棚田の様なリムストーンプールをごうごうと水が流れ落ち・・・ここはゾーンか・・・なんて。が、素直に感動してゐるトモコに較べ、今ここで地震とか来たら大変やろなー、とか、そんな事をつい考へてしまふ自分が悲しかったです。

130304-01.jpg 大山水鏡洞(リムストーンケイブ)

午後は、これまたあまみシマ博覧会の企画のひとつ、沖永良部島エコツーリズム、といふのに参加しました。またしても参加者は私とトモコのふたり。そして案内人は沖永良部島エコガイド協会長の山下さん。そして、また、また、またしても!山下さんがいい人でねー、我々は過大な素晴らし過ぎる案内を受けることとなったのですー!
この山下さん、ほんとなんでも知ってゐます。クルマを走らせながらも、その話は留まるところがなく、沖永良部島の植物、野鳥、動物、湧水、歴史、文化から島の人の本音、問題点、政治の内情、など面白過ぎる!
連れて行ってくれる所も、びっくりするほど美しい自然の場所から、映画の撮影地、窪塚くんのPV撮影現場の様なマニアックな場所まで、飽きる所がない。
結局、約束の3時間を大幅に過ぎて案内して貰ひ、且つ一緒に「草」といふ居酒屋で夕飯を食べ、なぜかその後にラジオに出演までしてしまひました。
山下さんはFM沖永良部島のDJも務めてゐるんですね。京都から来たゲスト、といふ形で・・・でも、なんで京都からゲストに?って、あ、さうか。トモコの祖父の家が沖永良部島にあるからだな。うん、関係あるやん。
それにしても、非常に充実した濃い一日でした。

130304-02.jpg野生のヤギです

四日目
今日はもう帰る日。午前中はお土産関係を済ます事に奔走しました。お土産はといふと・・・花(エラブユリやグラジオラス)と黒糖焼酎、まごころ製糖の黒糖、カフェ「Typhoon」のちんすこう。うむ、完璧だな。
その後、お昼ご飯を山下さんオススメの和風カフェ「てふてふ」でいただき、そこの人に教へて貰った“ジッキョノホー”に行きました。ここは平成名水100選にも選ばれた水の湧き出る地で、昔から人々が泳いだり汲んだりしてきた場所です。奥には水神さまも鎮座してをられ、独特の気が満ちてゐました。

130304-03.jpg ジッキョノホー

それから街中をブラブラと散歩したのですが・・・、ほんと、誰も歩いてないですね。自分たち以外の人影を、ほとんど見ません。これは昨日連れて行って貰った浜や崖でも同じで、そこでは全く、完璧に誰も居ない。野生のヤギが居るくらゐです。
例へば、田皆岬といふ所があって、ここは観光地としては沖永良部島の中ではトップクラスに入る場所だと思ふのですが、誰も居ません。輝く空にエメラルドグリーンの海、切り立つ断崖絶壁の上には萌え枯れた様な緑が一面に敷かれてゐます。もう陶然とする様な絶景なんだけれど、誰も居ない。そこに私とトモコだけ。これは・・・ちょっと感動ですよ。私は何時間でもそこに居たい、と思ったのだけれど、そんな訳にもいかず、振り切る様にして次の場所に向かったら、またそこがそんな様な場所で。
ああ、時間が足りん! もっとゆっくりしたい!

我々は必ずまたここに来るぞ、と、強い想いを胸に島を離れたのでした。

130304-04.jpg山下さんとトモコ。ムーンライズキングダム(?)にて。

Comments

投稿者 荒木です : 2013年03月05日 13:58

エラブの心地よさにどっぷり浸かれた数日間だったようですね。。
文面からその気持ち良さが伝わってきます。

投稿者 トモコ : 2013年03月09日 19:58

ケイビングの後、全身筋肉痛になりました。
荒木さんのように逞しくならなくては!!

コメントしてください





※迷惑コメント防止のため、日本語全角の句読点(、。)、ひらがなを加えてください。お手数をおかけします。


※投稿ボタンの二度押しにご注意ください(少し、時間がかかります)。

このエントリーのトラックバックURL:
http://test.cafeopal.com/mt/mt-tb.cgi/1892

トラックバックの概要に日本語全角の句読点(、。)、ひらがながない場合は、いったん迷惑トラックバックとして保留されます。ご了承ください。

Trackbacks(このページを参照しているページ)



ページトップ