京都三条 カフェ・オパール Cafe Opal:Home

Home > パワーズイタリアンダイアリー >

サブメニュー

検索


カテゴリー

2012年09月22日(Sat)

イタリアの滞在許可証 生活

一昨日、Questura(クエストゥーラ)に行ってきました。クエストゥーラとは警察のことなんですが、イタリアに住む日本人は必ず行かなければならない場所の一つです。ここで、滞在許可証をもらうのです。

外国で外国人として暮らすということは、楽なことではありません。・・・なんてことを言うことは簡単です。そりゃ、言葉も文化も食事も何もかも違う外国で暮らすんですから、苦労はあります。しかし、例えばイタリアの場合、ある程度言葉などを覚えてしまえば、近所の人たちは親切だし、食べ物はおいしいし、見に行くところは沢山あるし、というわけで別に生活自体に困ることはありません。

問題は、いかにしてイタリアに滞在し続けるかということなんですね。外国に暮らす上で避けて通ることができない問題。それが滞在許可証です。

当然、外国に住みたいと思う人がいます。そこでその国に出向くわけですが、パスポートだけで入国しても、決まった最大日数を超えて滞在することはできません。例えばイタリアの場合、91日以上の滞在は許可されません。観光客であれば3ヶ月もあれば十分でしょうが、普通に暮らすには全く不十分です。その場合、ビザ(入国許可証)をとって入国する必要があります。その後、イタリアで暮らすには滞在許可証を取る必要があるわけですね。

さてこの滞在許可証。これがくせ者なのです。

Comments

コメントしてください





※迷惑コメント防止のため、日本語全角の句読点(、。)、ひらがなを加えてください。お手数をおかけします。


※投稿ボタンの二度押しにご注意ください(少し、時間がかかります)。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cafeopal.com/mt/mt-tb.cgi/1857

トラックバックの概要に日本語全角の句読点(、。)、ひらがながない場合は、いったん迷惑トラックバックとして保留されます。ご了承ください。

Trackbacks(このページを参照しているページ)



ページトップ