京都三条 カフェ・オパール Cafe Opal:Home

Home > パワーズイタリアンダイアリー >

サブメニュー

検索


カテゴリー

2014年04月21日(Mon)

7年目 生活, 生活

イタリア生活が7年目に入りました。思えば遠くに来た…

海外生活といえば、しかもイタリアに住んでいるといえば、少しは羨ましがられるかもしれません。何せイタリア料理は食べ放題(そりゃイタリアですから)、イタリア語はペラペラ(そりゃイタリアですから)、イタリアファッションに染まり(そりゃイタリアですから)、イタリアワインも飲みまくり(そりゃイタリアですから)。

日本に暮らしている人の中には海外生活に惹かれて人も少なくないかもしれません。海外という言葉に憧れて。私もイタリアでの暮らしに十分満足しています。妻のKKちゃんも、かなり満足している模様です。しかし海外に移住することには何かが犠牲になります。私にとって、それは日本人との会話です。

人生には刺激が必要である。そして、その多くは他の人と会話することからもたらされます。圧倒的多数には、母語を話す人たちとの会話から。

イタリア暮らしは素敵です。おいしい生ハム、コーヒー、パスタを食べまくりだから。でも、母語で他の人と話し合う機会が極端に少ないというデメリットがそこにあります。

だから私が日本に帰る度に、京都に帰る度に、Cafe Opalに行って、閉店時間を過ぎても延々と喋り続けてしまうんでしょうね。

Comments

コメントしてください





※迷惑コメント防止のため、日本語全角の句読点(、。)、ひらがなを加えてください。お手数をおかけします。


※投稿ボタンの二度押しにご注意ください(少し、時間がかかります)。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cafeopal.com/mt/mt-tb.cgi/1962

トラックバックの概要に日本語全角の句読点(、。)、ひらがながない場合は、いったん迷惑トラックバックとして保留されます。ご了承ください。

Trackbacks(このページを参照しているページ)



ページトップ