京都三条 カフェ・オパール Cafe Opal:Home

Home > レビュー >

サブメニュー

検索


月別の過去記事


2014年01月08日(Wed)

カフェオパール恒例「2013年の映画ベスト10」(仮題) ベストテン

元店主
皆様、新年明けましておめでとうございます。今年も(しょうこりもなく)やります、鼎談メンバーによる去年に見た映画のベスト10。そして、奇跡的に続いている「強制起訴シリーズ」も今年で4年目に突入するということで、3年分の全37回からベスト3も選んでみましょう。
マツヤマ
やあ、おめでとう。ところで強制起訴が全37回ということは「まどマギ」も入ってるんだね?オレ番外編として外して選んだんだけど・・・。
ヤマネ
ボクはどっちでもいいですけどー。ちなみにマツヤマさんは何を選んだんでしょうか?
マツヤマ
1位は元々決まってたけど、あと2つはちょっと悩んだねぇ。
マツヤマの起訴作品 ベスト3
  1. ミスター・ノーバディ
  2. 愛と誠
  3. ヒア・アフター
ヤマネ
やはりそうきましたか!ではケンタロウさん、どうしますか?「まどマギ」外します?
元店主
もちろん外していいよ。ここで話さなくても、日記とレビューでさんざん話させてもらったからねぇ。ということで私が選んだのはこれです。
元店主の強制起訴 ベスト3
  1. ミスター・ノーバディ
  2. スカイフォール
  3. ヒア・アフター
マツヤマ
やっぱり「ミスター・ノーバディ」だよなー。あれ観るまではジャコ・ヴァン・ドルマルなんて知らなかったけど、その後に探して観た他の2本のドルマル作品もめちゃ良かったよ。ちなみにオレが入れるかどうか悩んだ1本が「スカイ・フォール」。でも、あるていど期待通りだったから、強制起訴的にはどうかなー、と思って外したんだよね。
元店主
私の場合、007シリーズはロジャー・ムーア以来みたことがなかったし、期待もしてなかったから、ある意味「ミスター・ノーバディ」と同じような理由ですね。なんというか、普通にいい映画。
ヤマネ
ボクが強制に選んだタイトルを1位にしてもらえるなんて光栄ですねー。ちなみにボクも1位は同じです。じゃじゃーん!
ヤマネの強制起訴 ベスト3
  1. ミスター・ノーバディ
  2. ヒア・アフター
  3. 愛と誠
マツヤマ
2位も3位もほとんど変わりないじゃないか! 新年早々つまらないぞ、ヤマネ君。
ヤマネ
いやー、でもこうなっちゃうでしょ。強制起訴の映画って、殆どが面白くないし。
元店主&マツヤマ
誰のせいやねん!!
ヤマネ
そんなの誰のせいでもないですよ!わざわざ観たくない映画を選んで強制的に観る、という決まり事なんですから。システムが悪いんです!こんなバカな事やってるの、日本中で我々ぐらいじゃないですか?
元店主
柳下毅一郎が「皆殺し映画通信」といって、わざわざ下らなそうな映画を観に行って、それを批評する、というのをやってるけど。
ヤマネ
でも、彼は映画評論家でしょ?結果的に自分の商売に返ってくるじゃないですか。我々は一般人。しかも自営業で、ただでさえ少ない休みの日を潰して、自腹を切って・・・なんのメリットもない。アホすぎます。
マツヤマ
いやいや。ここまでネオリベが世界を蹂躙してる時代に、敢て何の役にも立たない愚行に賭ける、というのが粋なんだよ。多分。だから、今年もやるぞ、強制起訴シリーズ!
ヤマネ
セピアがどんどん脱落していくのも分かる気がする・・・。まぁ、個人的には、このシリーズのおかげで「ヒア・アフター」観れて良かったですけどね。
マツヤマ
確か「ヒア・アフター」の公開が3.11と重なってて、冒頭にリアルな津波のシーンがあるからって、一週間も上映してなかったんだよな。それどころか、映画を観る気持ちさえ萎えてたから、強制起訴がなかったら、この映画には(劇場で)出会えなかったと思うね。
元店主
私も起訴作品だったから順番として優先したんです。イーストウッド作品ですからねぇ、普通は長期でやってると思うでしょ。他の映画を先に観てたら、きっと観られなかったと思います。
ヤマネ
強制起訴があったから観れて良かった、ということも稀にあるから、このシリーズは止めれませんよねー。って、なんか無理矢理自分を納得させてるな。
マツヤマ
でも、去年と一昨年の1月の作品は酷かったなぁ。
ヤマネ
それボクの出題ですから!(「月光の仮面」「東京家族」) もう1月の起訴者になるのは嫌ですからねー。
マツヤマ
オレも12月にやったばかりだからな。1月はケンタロウさんやってよ。オレのiPad使ってムービー・ウォーカーから探してね。
元店主
わかりました。でも1月の公開作品は年末からの冬休み映画以外では、これといったものがないのが実情ですから、ヤマネくんの気持ちも分からないでもない。でもあの2本は、ねぇ・・・
ヤマネ
いいじゃないですか、ダメ出しで盛り上がったんですから!ぜんせん盛り上がらなかった「シェイム」とか「ある会社員」とか「ウォール・フラワー」よりマシでしょ。
マツヤマ
それ全部オレの出題だけど・・・。ところでケンタロウさん、1月のタイトルすぐに決めてね。つーか、ここで、いま、決めてね。すでに今月だからさ。ほらほら。
元店主
わ、わかってますよ。だから今探してるんですから。ちょっと待って下さい。えーと、えーと、あーコレはあかんなぁ・・・ブツブツ・・・
ヤマネ
期待してますよー!ふふふ、勝手に予想。「大脱出」かな?
マツヤマ
「エンダーのゲーム」じゃない?
元店主
ハイ、決まりましたー!
マツヤマ
なになに?
元店主
なんかよくわかんないけど、これ。「黒執事」です!
マツヤマ&ヤマネ
えーっ!ありえーん!!
元店主
ガタガタ言わないでくださいねー。ハイ、そろそろ本題のベスト10、みんな一斉に書いて来たヤツを出しましょう。
元店主の2013年の映画 ベスト10
  1. 劇場版 魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語
  2. ホーリー・モーターズ
  3. Ted
  4. ムーンライズ・キングダム
  5. イノセント・ガーデン
  6. ロード・オブ・セイラム
  7. ジャンゴ 繋がれざる者
  8. アイアン・フィスト
  9. スヌープ・ドッグ / ロード・トゥ・ライオン
  10. ビザンチウム
ヤマネの2013年の映画 ベスト10
  1. パシフィック・リム
  2. ゼロ・グラヴィティ
  3. ムーンライズ・キングダム
  4. かぐや姫の物語
  5. 劇場版 魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語
  6. ゼロ・ダーク・サーティ
  7. 殺人の告白
  8. 風立ちぬ
  9. グランド・マスター
  10. Ted
マツヤマの2013年の映画 ベスト10
  1. ジャンゴ 繋がれざる者
  2. 王になった男
  3. ハナ 〜奇跡の46日間〜
  4. 鑑定士と顔のない依頼人
  5. ホーリー・モーターズ
  6. ムーンライズ・キングダム
  7. 最期のマイ・ウェイ
  8. 嘆きのピエタ
  9. 選挙2
  10. 劇場版 魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語
元店主
それじゃあ、理数系のヤマネくん、集計してオパールのベスト3を出してねー。
マツヤマ
でもさ、そのベスト3って、全員同じの観てるわけじゃないのに、意味あるのかなぁ?
元店主
まあ、マツヤマさん、これは正月の儀式みたいなものですから、気にしないでください。
ヤマネ
あるに決まってるじゃないですか!お待たせしましたー!恒例、オパールの2013年の映画ベスト3の発表です。ババーン!
オパールの2013年の映画 ベスト3
  1. ムーンライズ・キングダム
  2. 劇場版 魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語
  3. ホーリー・モーターズ
マツヤマ
おいおい、「ホーリー・モーターズ」はヤマネくんのベスト10にすら入ってないじゃないか!こんなんでいいのー?
元店主
儀式です、儀式。「まどマギ」のケーキの歌みたいなもんですよ。・・・ケーキ♪ケーキ♪まぁるいケーキは、だ・あ・れ?ケーキはヤマネクン?
ヤマネ
ちーがーう♪・・・って、やめんかーい!!!
マツヤマ
今年は先が思いやられるな・・・。

パート2へ続く…

Comments

投稿者 uno : 2014年01月11日 02:00

こんばんは。
遅くなりましたが2013年unoのベストテンです。

1.ホーリー・モーターズ
2.劇場版 魔法少女まどか★マギカ[新編]叛逆の物語
3.イノセント・ガーデン
4.グランド・マスター
5.ゼロ・グラビティ
6.風立ちぬ
7.TED
8.ジャンゴ繋がれざる者
10.パシフィック・リム

1位と2位は順位を決めるのが難しいですが、今の気分でホーリー・モーターズを1位に。
ホーリー・モーターズに関しては、正直なところよくは分かっていないのですが映画のマジックを感じます。今になってもジワジワくる。
まどマギは強制起訴映画コメント欄に書いたとおり。
イノセント・ガーデンは兎に角、映像が格好良く痺れた!
グランド・マスターはトニー・レオンの佇まい、チャン・ツィイーの儚さと美しさにグッときました。優美なアクションシーンもかなり好き。
1位から4位までが不動の作品。
2014年も素晴らしい映画に出会えることを期待!

投稿者 ウメドン : 2014年01月12日 21:11

こんにちは。あけましておめでとうございます。
今年は前半は、京都みなみ会館のゴダール特集から観始めましたが、病気がちで映画館にも行けず・・・
どうなることかと思いましたが、おかげさまでなんとか今年は104本観ることが出来ました。3年で300本以上映画館で映画を観ているとは、5年前の自分には想像がつきません。
そんな「観てるだけ」の俺ですが、先日、元店主の優しいお言葉を頂戴しました。
「ウメドンも書き込んでね。時間が経ったらまた変わってくるからね」
って・・・ううう嬉しぃい。
用意していただいていた赤ワインもだんだんしょっぱくなってきましたよ。もっと甘いワインお願いします。
さて今年は京都みなみ会館以外でもけっこう映画を観ましたよ~
久御山、二条、MOVIX、立誠小、京都シネマ、Tジョイ etc・・・いろいろ行きました。あっ!それともう少しで梅本座が・・・
おっとっと。ま、話が長いのでコレくらいにして。
俺が選んだ2013年シネマベスト10を挙げさせていただきます。(なんかすみません)

1.ハナ~奇跡の46日間~(監督:ムン・ヒョンソン)
2.きっと、うまくいく(監督:ラージクマール・ヒラーニ)
3.ジャンゴ 繋がれざる者(監督: クエンティン・タランティーノ)
4.太秦ヤコペッティ(監督: 宮本杜朗)
5.魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語(監督:宮本幸裕)
6.フィルス(監督: ジョン・S・ベアード)
7.デッド寿司(監督: 井口昇)
8.よりよき人生(監督:セドリック・カーン)
9.ベルヴィル・トーキョー(監督:エリーズ・ジラール)
10.恐怖と欲望(監督: スタンリー・キューブリック)

1はもう文句なしです。ファイティン!
2014年5月の世界卓球選手権。もちろんプレミア席で観戦しますが、コリア統合チームで出てほしいなぁ・・・ホンマに。
最強中国もたぶんボコシバにやられるでしょう。

2はインド映画!!笑って泣いて最高でした。
こんなに楽しいのか!インド映画って。今まで観なかったことを後悔しました。

6.フィルス。Tシャツ購入(笑)わらけるぐらい酷い主人公でした。俺もあんないたずら子供にしてみたい(アルミ風船のやつ)ラストはくそカッコいい。

7.デッド寿司。はっきり言ってグランドマスターのカンフーアクションよりこっちのほうがテンションあがったし。って軽くディスっておきます。ホンマに毎回楽しましてくれる山口昇監督が大好き。

8.一言でいうと今話題の大沢樹生と喜多嶋舞と息子みたいな感じの話・・・嘘。あんなんじゃないです。面会のシーンは忘れられん。

9.女性監督。ラストシーンはあまりにも素敵で美しかった。てか逞しい。
10.今年日本初公開ってことで・・・さすがみなみ会館。

というわけで、今年も場所が変わっても沢山観に行きますよー!!
早稲田松竹。楽しみすぎます。

ではこのへんで。

コメントしてください





※迷惑コメント防止のため、日本語全角の句読点(、。)、ひらがなを加えてください。お手数をおかけします。


※投稿ボタンの二度押しにご注意ください(少し、時間がかかります)。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cafeopal.com/mt/mt-tb.cgi/1938

トラックバックの概要に日本語全角の句読点(、。)、ひらがながない場合は、いったん迷惑トラックバックとして保留されます。ご了承ください。

Trackbacks(このページを参照しているページ)



ページトップ