京都三条 カフェ・オパール Cafe Opal:Home

Home > 元店主の日記 >

サブメニュー

検索


月別の過去記事


2016年10月06日(Thu)

トークショー/ハケンアニメ/空耳 etc

9月27日~10月2日

トークショー

9月27日19時からのMOVIX京都での『聲の形』は、スタッフトークショー付き上映。映画の上映の後、なんと山田尚子監督と、西屋太志(作画監督&キャラクターデザイン)のトークショーがある!との事で、トモコと共に行ってきました。
山田尚子監督の方は、最近ちょくちょくメディアでも顔写真を観る事があるのですが(『聲の形』のパンフレットにも出てます)、西屋さんの方は見た事がありません。『氷菓』や『Free!』の、あの流麗な作画をしたのはどんな人なのか?また、写真で観る限り凄く可愛らしい山田尚子監督の実際はどんな感じなのか?と、下世話な興味津々で臨んだ、といふ次第です。

『聲の形』は二度目でしたが、素晴らしかった。やはり、二度目に観る方が楽しめる。初回はどうしたって物語世界に圧倒されて、ストーリーにも気をとられるから、細部に眼が行かないんだよね・・・。ほんと、細部にまで眼が行き届きまくった作品です。
ま、映画の事はともかく、トークショーです。まづ松竹の人が司会で出て来て、二人を呼び出します。・・・えっと・・に、西屋さん?・・・これは想像以上に・・・っぽい!・・・んー、職人的といふか、何といふか・・・。
続いて山田尚子監督。うむ、これは・・・メディア上の写真が修正でも影武者でもない、といふ事が判明。凄く可愛らしい人です。オシャレだし。これが京アニの誇る若き天才かー、と感無量。
そしてトークショー開始。にしても・・・西屋さん、口下手過ぎ!いや、確かにここであんまり流暢に喋られても、それはそれでイメージを損なひますが、それにしても・・・口下手にも程がある!
「ほんと、えー、ほんとに心をこめて、ほんとに作った作品なので、えー、ほんとに、ほんとみなさんに、ほんとに観てほしいです、ほんと」
ってな感じで「ほんと」って何回言ふねん!ほんとに!・・・話す内容も、全て空回ってゐるといふか・・・むろん、それでいいんですけどね。西屋さんは絵を描く人なので、絵で表現する。こんな人前でペラペラ喋る人ではないので、別にいいんです。むしろこんな所に引っ張り出されて可哀相ですらある。とはいへ、個人的には西屋さんがどんな人なのか観られて、それはそれで満足でした。
山田尚子監督の方は、まだちゃんと喋られる人でした。西屋さんのフォローに奔走してゐて、なかなか大変さうではありましたが・・・。それでも、やっぱかういった場には慣れてゐないのか、何度か頭の中が真っ白になってゐる様が見て取れました。いきなり、最初の自己紹介で、自分の事を「山田監督・・・」と言ってしまって「あ!」とフリーズしてましたし。
そんなこんなで、トークショーの内容自体はそれほど大したものではなかったです。マリアの造形が蟹だとか、この作品の基調の色はこの空色だとか、なかなかに興味深い話は出たんですが、私としてはもう一歩、なんで蟹なの?なんで空色なの?って所まで聞きたかった。司会の人、突っ込めよ!とか思ったけれど、まぁ、仕方ないか。
(私は山田尚子監督の作る作品って、さりげなく、でももの凄く象徴性が高いと思ってるんですね。だから、さういった話が聞きたかった。形や色の意味とかね)
売り上げ貢献のためとはいへ、こんな慣れない場に引っ張り出される二人には同情を禁じ得ませんが、個人的にはお二人の御尊顔を拝する事ができて満足でした。
次は10月8日土曜日にもトークショーがある様です。山田尚子監督と将也役の入野自由によるトークショー。興味のある方は是非!

ハケンアニメ

9月28日は私の誕生日でした。が、朝から雨でお客さんが全く来ず。んー、天に祝福されてないなぁ。・・・仕方ないので『ハケンアニメ』辻村深月著を読んで過ごす事にしました。
これはアニメ業界を舞台にとった小説です。幾原邦彦がモデルとなったアニメ監督が出て来る・・・といふので発売当初話題になり、私も慌てて買ったのですが、案の定そのまま放置されてゐたのを、先日『ユリ熊嵐』を観たことで幾原邦彦熱が再燃し、さういへば・・・となって積ん読の山から発掘したのです。
・・・むむー、めっちゃオモロいわー。私はアニメに関してまだまだ素人同然なので、制作の現場や業界の事情の事など何も知りません。故に、へー、さうだったのかー、と勉強になることしきりで、まづそれだけでも面白い。動画と作画の違ひとか、初めて知ったわー。
お話も、なかなか巧みで・・・私は辻村深月の作品は初めて読みましたが、上手いですね。上手過ぎて、最後はちょっと世界が閉じ気味か・・・とも思ったのですが、いやいや、そんな事は些事である、といふぐらゐ面白かったです。
ところで・・・この小説、クライマックスであるお祭りの、川下りの話が出て来るのですが・・・この川下りの日がなんと、「九月二十八日」。・・・え?九月二十八日って、私の誕生日やん。ってか、正に今日やん!
この時、私の頭の中にはポリスの『シンクロニシティ』が流れたのであった・・・。

まぁ、それだけなんですけどね。

空耳

アニメ『ユリ熊嵐』のED曲『TERRITORY』といふのがあるのですが、これがなかなかにいい曲で、特にサビの部分で「私の中のモジュール~」って歌ふ所がいい!歌詞がかっこいい!と思って、CDまで購入して歌詞カードを見たら、「私の中の猛獣~」でした・・・。
まぁ、よくある空耳問題です。こんなのはホントによくあって、最近でも『腐男子高校生活』といふアニメがあって、それのテーマ曲『SEKAIはボーイミーツボーイ』の中の一節に「語りたい!~」ってのがあるのですが、それを「肩痛い!~」と空耳してゐる人をネット上で見かけました。う~む、うまいこと空耳したもんだなぁ。
で、それ以来、『SEKAIはボーイミーツボーイ』を聴くと、どうしたって「肩痛い!~」と歌ってる様にしか聞こえなくなってしまったのです・・・。
脳ってやっかいやわー。

Comments

コメントしてください





※迷惑コメント防止のため、日本語全角の句読点(、。)、ひらがなを加えてください。お手数をおかけします。


※投稿ボタンの二度押しにご注意ください(少し、時間がかかります)。

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cafeopal.com/mt/mt-tb.cgi/2115

トラックバックの概要に日本語全角の句読点(、。)、ひらがながない場合は、いったん迷惑トラックバックとして保留されます。ご了承ください。

Trackbacks(このページを参照しているページ)



ページトップ